法律と法令の違いについて

「法律」とは、憲法59条に定められた、国会両院の議決で成立する方の形式のことを指します。
この案は議員と内閣が提案する権利が有ります。
衆議院で可決した案を参議院で否決した場合、または参議院が衆議院から案の送付を受けて、60日以内に議決しなかった場合は、衆議院での出席議員の3分の2以上で再び可決すれば、成立します。
「憲法」や「条約」よりも下であり、「政令」や「条例」などよりも上の効力を持ちます。
「社会生活を規律する社会規範」であるとする「法」と同義に用いられますが、「社会規範」には「道徳」、「宗教」なども存在し、これらの他の社会規範と比較して、「法律」の意味をめぐり議論がかわされてきました。
また、「法令」は、上記の、国会が制定する「法律」に加え、国の行政機関が制定する「命令」を包括しているという違いがあり、さらに地方公共団体の制定する「条例」「規則」を含む場合や、最高裁判所の制定する「規則」を含む場合もあります。