法律と法令の違いについて

人間には生きていくうえで守らないといけないものがあります。
それには礼儀作法に関連するマナーやビジネスに関するルール、または法律で厳しく決まっている規律など様々なものがあります。
多くの方は小さいころからの積み重ねでこれらのルールや規律を把握・理解しているため、一般的な生活をするうえでこれらのルールを調べることはほぼないといっても過言ではありません。
しかしながら、一般の生活とはかけ離れてこれらのルールを調べないといけないケースもあります。
たとえば、遺産相続の場合や、離婚の場合などには国が定めるルールに従う必要がでてきます。
この国が定めるルールについては、法律と法令の2つ存在します。
この2つの違いは非常にわかりづらいのですが、法律は国会が定めるルール、法令は国会定めたルール以外の条約や自治体の規則などの含むルールという違いがあります。
通常このようなことを意識せずに生活できるものが一般的な普段の生活ではありますが、家族の死などいつ何が起きるかわかりません。
このような法の言葉についても勉強していくことをお勧めします。

ポイントカードの作成はプロにご相談ください

インクジェット出力
各種サインお任せください

多焦点眼内レンズのことなら当院へ。

豊富なお仕事をご用意しています。

自宅での試し着にもご対応しています。

最新記事

  • 「法律」とは、憲法59条に定められた、国会両院の議決で成立する方の形式のことを指します。
    この...

    続きはコチラ

  • よく似ている言葉、法律と法令の違いは何でしょうか。
    なんとなくわかりますがはっきりとした違いは...

    続きはコチラ

  • 法律と法令の違いとしては良く理解しておく必要がありますが、この関係が実に分かり難いものです。
    ...

    続きはコチラ