法律と法令の違いについて

法律と法令の違いとしては良く理解しておく必要がありますが、この関係が実に分かり難いものです。
普段このような条文に接する事のない方は理解するのも困難ですよね。
そもそもこの2つが示しているものは大きな違いがあります。
簡単に言いますと、「法律」は原則、国が作っているものとなり、国会での議決によって決められる規則です。
「法令」は、上位と地方自治体や行政が示した政令、条例などを併せたものになり、それらを、より具体的にして命令としたもです。
これらは共に順守すべき事項には変わりありませんが、実際、どのようにすれば順守していけるのかを具体的に示した、法令を守ると、法律を守る事に繋がります。
その構成は共に複雑な面がありますが、条文の意味を理解する上では、後者を出だしとして解釈していった方が、分かり易く捉える事ができると思います。
一般的には実際に便覧等で条文を読み込むよりは、参考書等の、解説書で理解することをお勧めします。